yourwear

  • ABOUT yourwear
  • COLLECTION
  • STOCKIST
  • SUPPORT
  • INFORMATION
  • ORDER
contacts

お知らせ

Untitled

P20150721.jpg




















やっと毎日このくらいは収穫出来るようになりました。

昨年は一本もまともに実がふくらまなかった茄子。
まだまだよその畑よりは小振りだけど、なんとか茄子になった。
あと数日でオクラも収穫が始まりそう。

もっともっと色々な野菜を作ってみたい気持ちがムクムク。

かだる 

P20150702.jpg

























昨日は弘前のTHE STABLESさんへ、今週末まで開催中の「かだる」展を拝見しにお出かけ。

写真は第二会場の「松の木荘」でゆっくり選ばせて頂いた藤川孝之さんの作品。
帰ってからも眺めて、やっぱりいい。とても気に入っている。
松の木荘の空間で、沢山の原画からじっくり選ばせて頂けるなんて、贅沢な時間だなあーと思いながら、本当にゆっくりしてしまった。。。

最近、頭の中は畑のことでいっぱいで、畑に全ての余力を注ぎ込んでいたけれど、久々にモノや人に刺激を受けた昨日。バランスが大事だな、と思った一日。




Untitled

P20150621.jpg

























私は秋田は六月がいちばん良い季節だと思う。
吹く風がとびきり爽やかだし、やーっとのことで一日中半袖で過ごせるから。





Untitled

P20150614-2.jpgP20150614.jpg



















































先週、近所(といっても、登山口まで車で一時間)の山に登る。
この時期は登山よりも山菜採りの人で賑わっているけど、その日は朝から登って、山頂でお弁当を食べてゆっくり降りてくるだけのビギナーコース。

登山道から外れた奥を覗くと、底知れぬ山の奥深さに少しぞっとする。
ぞっとするのと同時に、薄暗い山道を進む程に気持ちが静かになっていく。

手ぶらで帰るはずの登山だったけど、下山途中に友人とバッタリ!
登る途中で採ってきたというきのこをどっさり頂いて、嬉しいお土産付きの帰宅になる。

山は不思議で美味しいなあ。










Untitled

P20140606.jpg





















ついに念願の山菜採りデビユー!


山菜どころかハイキング以外の山歩きもほぼ初めての私。
師匠の背を追いながら、スパイク付き長靴で急斜面(私にとっては崖)を這うようによじ登ったり、降りたり。
山菜の特徴はもちろん、どんな姿勢で、どこに掴まって登ったらいいのか、、、私にとって初めてだらけの事を教えてくれる師匠。
同世代の同性なのに、運動能力と山の知識に驚かされる。

沢山の事を教えられる度に自分の人間力がアップしていくような高揚感を感じながら、自分の手で掘り起こした極上のウドをその場で食して、うーん!!!と唸る。

あの瑞々しさと山の香りは、採ったその瞬間に口にしないと味わえない。
この辺では沢山の山菜がスーパーで売られているけど、危険を冒してまで山に入る人の気持ちがあの味を知ってよくよく理解が出来た。

もうそろそろ山菜の季節は終わり。
でも既に来年が楽しみでたまらなくなっている。














BACK NUMBER

© yourwear