yourwear

  • ABOUT yourwear
  • COLLECTION
  • STOCKIST
  • SUPPORT
  • INFORMATION
  • ORDER
contacts

お知らせ

Untitled

P20150614-2.jpgP20150614.jpg



















































先週、近所(といっても、登山口まで車で一時間)の山に登る。
この時期は登山よりも山菜採りの人で賑わっているけど、その日は朝から登って、山頂でお弁当を食べてゆっくり降りてくるだけのビギナーコース。

登山道から外れた奥を覗くと、底知れぬ山の奥深さに少しぞっとする。
ぞっとするのと同時に、薄暗い山道を進む程に気持ちが静かになっていく。

手ぶらで帰るはずの登山だったけど、下山途中に友人とバッタリ!
登る途中で採ってきたというきのこをどっさり頂いて、嬉しいお土産付きの帰宅になる。

山は不思議で美味しいなあ。










Untitled

P20140606.jpg





















ついに念願の山菜採りデビユー!


山菜どころかハイキング以外の山歩きもほぼ初めての私。
師匠の背を追いながら、スパイク付き長靴で急斜面(私にとっては崖)を這うようによじ登ったり、降りたり。
山菜の特徴はもちろん、どんな姿勢で、どこに掴まって登ったらいいのか、、、私にとって初めてだらけの事を教えてくれる師匠。
同世代の同性なのに、運動能力と山の知識に驚かされる。

沢山の事を教えられる度に自分の人間力がアップしていくような高揚感を感じながら、自分の手で掘り起こした極上のウドをその場で食して、うーん!!!と唸る。

あの瑞々しさと山の香りは、採ったその瞬間に口にしないと味わえない。
この辺では沢山の山菜がスーパーで売られているけど、危険を冒してまで山に入る人の気持ちがあの味を知ってよくよく理解が出来た。

もうそろそろ山菜の季節は終わり。
でも既に来年が楽しみでたまらなくなっている。














Untitled

P20150601.jpg



























我が家の壁塗りと、畑仕事に追われていたら、あっという間に五月が終わってしまった。
そろそろカシミヤの糸も届くので、そろそろ始めないと、あっという間に秋になってしまうです。





Nepal

P20150502-1.JPGP20150502-2.JPGP20150502-3.JPGP20150502-4.JPGP20150502-5.JPG





































































































4月25日のネパールの地震から一週間経ちました。

ちょうど一年前に夫婦で短い旅をしてきたばかり。

被害のニュースを目にするたび、日本語ペラペラのガイドのソミさん、紅茶屋さんではにかみながら話しかけてきた少女、チベタンカーペットを織っていたチベット難民の老婆、、、様々な顔が思い出されて心が締め付けられる。どうか無事でいてほしい。

昨今の政治の混乱のためか、洪水のように押し寄せた人々で膨れ上がるカトマンドゥの街。
混沌と喧噪と、人々の強い信仰心で積み上げられた建造物に圧倒されて、旅の間中ずっと興奮状態に陥っていた。

今はあの砂埃さえ懐かしく、またあの空気の中に身を置きたいと思う。

ネパールの一日も早い復興を心から心から願っています。









BACK NUMBER

© yourwear