yourwear

  • ABOUT yourwear
  • COLLECTION
  • STOCKIST
  • SUPPORT
  • INFORMATION
  • ORDER
  • contacts

お知らせ

その他記事リスト

Untitled

P20140606.jpg





















ついに念願の山菜採りデビユー!


山菜どころかハイキング以外の山歩きもほぼ初めての私。
師匠の背を追いながら、スパイク付き長靴で急斜面(私にとっては崖)を這うようによじ登ったり、降りたり。
山菜の特徴はもちろん、どんな姿勢で、どこに掴まって登ったらいいのか、、、私にとって初めてだらけの事を教えてくれる師匠。
同世代の同性なのに、運動能力と山の知識に驚かされる。

沢山の事を教えられる度に自分の人間力がアップしていくような高揚感を感じながら、自分の手で掘り起こした極上のウドをその場で食して、うーん!!!と唸る。

あの瑞々しさと山の香りは、採ったその瞬間に口にしないと味わえない。
この辺では沢山の山菜がスーパーで売られているけど、危険を冒してまで山に入る人の気持ちがあの味を知ってよくよく理解が出来た。

もうそろそろ山菜の季節は終わり。
でも既に来年が楽しみでたまらなくなっている。














Nepal

P20150502-1.JPGP20150502-2.JPGP20150502-3.JPGP20150502-4.JPGP20150502-5.JPG





































































































4月25日のネパールの地震から一週間経ちました。

ちょうど一年前に夫婦で短い旅をしてきたばかり。

被害のニュースを目にするたび、日本語ペラペラのガイドのソミさん、紅茶屋さんではにかみながら話しかけてきた少女、チベタンカーペットを織っていたチベット難民の老婆、、、様々な顔が思い出されて心が締め付けられる。どうか無事でいてほしい。

昨今の政治の混乱のためか、洪水のように押し寄せた人々で膨れ上がるカトマンドゥの街。
混沌と喧噪と、人々の強い信仰心で積み上げられた建造物に圧倒されて、旅の間中ずっと興奮状態に陥っていた。

今はあの砂埃さえ懐かしく、またあの空気の中に身を置きたいと思う。

ネパールの一日も早い復興を心から心から願っています。









ありがとうございました

P20150401.jpg





















先週の「わけありだけどちゃんとしたもの市」、無事に終了致しました。
ご来場頂きましたみなさま、ありがとうございました!
私も初日のちょっとだけの参加でしたが、いつものように美味しいものを頂きながら、わいわいとお客様とお話させて頂きました。とても楽しい時間を過ごせました。

展示会も終わり、わけあり市も終わり、近所の田んぼで長旅前の腹ごしらえをしていた白鳥達も次々と北に旅立ち、少し寂しくなった年度始めです。







花輪ばやし

P20140822.jpg



















あいにくの雨だったけど、雨を吹っ飛ばすほど熱かった!














GEO CRUISE

P20140819-3.jpgP20140819-2.jpgP20140819-4.jpg

































































お盆休みは男鹿のジオクルーズへ。

この夏から始まった「ジオクルーズ」は、現役漁師さんの舟に乗せてもらって「男鹿の断崖、奇岩を巡る」という楽しい企画。

中型漁船コースと小型の磯舟コースがあるけど、より海を感じられそうな磯舟コースを申し込み。
雨の多かった八月は一度目の予約はシケで中止になり、やっと二度目の予約で乗船。


みんなでライフジャケットを身に着けて、漁師の大友さんの幸勝丸で出港。

波に揺られながら大きな岩の間をすり抜け、山肌から海に流れ落ちる滝を眺めながら船は進み、舟ごと飲み込んでしまいそうな大きな洞窟に入って行く。
この洞窟めぐりがすごい迫力!!!いくつかの洞窟に入るけど、闇の中に浮かぶ荒々しい岩肌と雰囲気に圧倒されてしまって、どの洞窟に入っても言葉を失い、息を飲むほど。
これを見なくては男鹿は語れん!男鹿で怖いのはなまはげだけじゃないぞ!と言われているよう。

広い海と巨大な岩、洞窟の迫力に圧倒されたのか、乗船直前まではしゃいでいた五歳の甥っ子は船に乗っている間ずーっと無言になってしまった(笑)

秋は海から眺める紅葉が美しいそう。
また甥っ子を誘ってみよう。ついてきてくれるだろうか。









BACK NUMBER

© yourwear